So-net無料ブログ作成

750−40=710 [MTB機材]

 STPのハンドルバーはストックの状態だと750㎜、これだとさすがにちょっと幅が広すぎて上体がステムに近づきすぎちゃう感じ。なので、少し幅を狭くすることにしました。
 幅が広すぎるとすり抜けのときに引っ掛けやすくなるのですが、750の時はかなり邪魔な感じ。今回は40㎜(左右20㎜づつ)狭くすることにしました。
 早速パイプカッターで切り取ります。
IMG_0735.JPG
 最初は一周くるっと慎重に、そのあと4〜5回ほどカッターを締め込みながら回すと簡単に切り取れます。弓ノコで切るより奇麗で正確に切り取れますね。
 ついでにグリップを交換しました。付いていたグリップは「つば付き」でロックオンタイプではない普通のグリップだったので、家にあった「charge sponge grips」に換えてみました。
IMG_0741.JPG
IMG_0740.JPG
なかなかいい感じ。
白いグリップはすぐ汚れてしまうと思うのですが、ちょっとカッコいい。
IMG_0742.JPG
付いていたグリップはスペアとして保管することにしました。またジャンクパーツが増えてしまった。
(笑)
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ABC

こんにちはcharge sponge gripsの購入を考えているのですがこのグリップのエンドは別に取り付ける物なのですか?
色んな写真見てみますとエンドは金属製に見えるのですが・・・
このゴムっぽいエンドがいいなーと思いまして。

by ABC (2012-09-23 10:43) 

juntaro

ABCさんへ
この写真のグリップのエンドキャップ(別に取り付けます)はSTPに付属していたジャイアントの物です(材質はゴムっぽい)。スポンジグリップに付属している物は軟質プラ製のもっと薄い(平たい)物でした。ジャイアント製の方が好みだったので取り付けてあります。ご参考まで。
by juntaro (2012-09-23 22:01) 

ABC

どうもです。色々調べてみたらこのグリップは2種類あるみたいですね。(エンドがつけれるタイプとそうでないタイプ)
エンドはジャイアントの物だそうで、探してみます。

by ABC (2012-09-24 07:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。