So-net無料ブログ作成

「ねじまき」って言っても「ゼンマイ侍」ってわけじゃないので [SF!]

ねじまき少女 (ハヤカワ文庫SF) [文庫]
011809.jpg
パオロ・バチガルピ著

ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞などなど総なめという輝かしい作品。
どうやらスチームパンク的でもあり、サイバーパンク的でもある。「足踏み式発電機付きのパソコン」とか「タイレル社から逃げ出したレプリカントみたいな少女」とか「高性能ゼンマイ式うんぬん」とかギミック満載です。しかし、上下巻ですから結構ボリューム有りな上に結構自分には取っ付きがたい感じ。上巻の3分の2位までちょっと我慢しながら読みました。ストーリーが展開し始めると急速にのめり込む感じで一気に。

 ストーリー自体は、近未来のタイのバンコクを舞台にエネルギー需給構造が激変した世界での権力抗争や、難民の野心家の策略、外国からの経済的侵略なんかが絡み合い、破滅へと向かって落ちて行く。そんな感じ。
 ストーリーは面白かったけど、読後感はスッキリしない。ギミックのアイディアや世界観の設定は面白いのだが、妙に古くさい日本人観とか、全体的な説得力というか現実感が希薄というか。
 ギブスンを読んだ時のような熱狂はやはりなかった。帯の煽り文句はちょっと大げさかな。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。